マンション最新トレンド 免震構造を知る

免震という考え方とは

今まで一軒家やアパートに住んでいる人も今後の将来を考えて、マンションを購入したり賃貸マンションに住んでみようと思っているかもしれません。
実際に毎年非常に魅力的なマンションは増えていますのでこうしたオプションを考えるのも当然だと言えるでしょう。
しかし、こんなマンションに住む場合には少し「不安」もあるのではないでしょうか。
どんな不安ですか。
それは「地震」というものです。
高い所に住みのは快適で気分がいいという一面もありますが、万が一その建物が崩れたらどうしようなんて心配している人が多いのです。
日本では昔から非常に自信が多く、建築基準法の中にはこうした「耐震基準」というものがはっきり明記されています。
特に最近マンション業界で注目されているのは「免震」という建物の考え方です。
免震というのは簡単に言うと地震が起きたときにその力を建物に「伝わりにくくする」というコンセプトで考案されてきました。
従来の地盤の揺れを30%から50%程度に軽減させることが分かっているので住宅や色んなテナント、美術館などが入っている高層建築物に採用されつづけています。
その具体的な仕組みはどうなっているのでしょうか。
まず免震の建物というのは地震の揺れの中でも建物の「位置」を一定に保つ「免震装置」とその揺れを抑える「ダンパー」というものから構成されています。
この免震装置の中では一番「積層ゴム」というものがポピュラーでしょう。
また摩擦が少ないテフロンを採用した「すべり」また球体上の物を用いる「すべり」なんていうものも存在するのです。
つまり一言に免震といっても色んな種類があるのでマンションを選ぶ際にはぜひとも注目していただきたい部分です。
もちろんダンバーも色んなオプションがあるのです。
例えば「鉛のダンパー」とか「鋼材のダンパー」など建設業者とオーナーの判断になっています。
このような私たちの生活を守る仕組みに興味を持っていきましょう。
おすすめリンク