マンション最新トレンド 免震構造を知る

収納スペースを考える

マンションをもしこれから購入するのであれば、その外装だけではなく中の機能性に関してもしっかり検討する必要がありますね。
今はどんどん色んなマンションが建設されていますので、それぞれ色んな特色を持っていて比較してみると非常に興味深いことが分かってきます。
特に部屋の中のどんな点が皆さんにとって大事になってくるでしょうか。
今日はその点で「ウォークインクローゼット」というものを考えてみましょう。
間取り図などではWICなどと表記されていることもあります。
皆さんはこの正体をご存知ですか。
このウォークインクローゼットとは英語の意味通り内部を自由にあるけるクローゼットということです。
つまりは通路を挟んで両サイドの収納スペースがあり、より収納を楽しむことができるのです。
このウォークインクローゼットは特に女性を中心に最近本当に人気です。
普通のクローゼットと何が違うのでしょうか。
普通のクローゼットの場合、奥にしまいこんだものを取り出すのが非常に大変なことが多いですね。
また整頓もしずらいという特徴があります。
でもこのウォークインクローゼットならより色んな物をキレイに収納し、その取り出しも簡単にできてしまいます。
特にオーダーのマンションならその収納棚の高さとは形、また配置の仕方も自分で決められますので自分の所有物を考えて効率よく設計できます。
このようなクローゼットは欧米では昔から限られたスペースを有効に用いる方法として大いに活用されてきました。
ですから皆さんも同じようなタイプのクローゼットを映画などで見かけたことがあるでしょう。
日本では昔から収納スペースが通路から遠い「押入れタイプ」が採用されてきました。
しかし段々とこのウォークインクローゼットのメリットに気づいた建設業者やデザイナーが日本の物件にも採用し始めていったのです。
ぜひ皆さんもマンションの購入時には普通のクローゼットがいいのか、またこのタイプの収納がいいのかしっかり考えてみましょう。
おすすめリンク