マンション最新トレンド 免震構造を知る

下見の機会を最大限利用しよう

マンションを購入したり、借りたりというのは非常にお金がかかることですからその決断にはいつも以上に「慎重さ」が求められることになります。
きっと皆さんはこうしたマンションを決める前に「下見」を行うことでしょう。
これは本当に大事なことです。
実際に下見に行くと間取り図でイメージしていたものよりもはるかに狭く感じたり、逆にネットで見るよりも実物のほうがずっと魅力的なんてこともあるでしょう。
自分たちがこれから何年、何十年と住んでいくマンションですからぜひ時間をかけて何回も下見に行きましょう。
でも下見というのはなんとなく、物件を眺めることではありません。
色んな項目を自分で調べて機会を有効利用する必要があるのです。
この点で必要な持ち物を考えてみるのはいいでしょう。
何も持たずに下見に行くなら大事なことは何も確認できません。
ぜひとも下見に持っていきたいのは「メジャー」ですね。
間取り図と本当に寸法があっているのか、もし家具を入れるとしたらどれくらいのスペースを確保できるのかなど色々想像することができます。
こうした計測を自分でしないで、住んだ後に「説明と違った」などといってもそれはあくまでも皆さんの責任になってしまいます。
また意外に大事なのは水平器などです。
これは建物がちゃんとした地盤にちゃんと建てられているか判断する上でとても大事なことだからです。
もし水平器が手に入らない場合はビー玉などを持って行ってもいいでしょう。
これは床が本当に水平なのか簡単にチェックすることができます。
またデジカメなども必須ですね。
家族全員で下見に行けないことも考えられますので、後で家族に報告するときに資料として利用できるでしょう。
またきっと複数の物件を色々検討するはずですので比較材料としても写真というのはとても大事になります。
さて、皆さんは下見の機会をどれほど有効に用いることができているでしょうか。
ぜひこんな点を参考にしてみてください。
おすすめリンク